認定子供園の幼保一元化について

いろいろ調べていると幼保一元化という言葉が出てきました。
これは何か?と思い調べました。

これはごく簡単なものでした。幼稚園と保育園が一つになったという
ことだそうです。認定子供園について調べていたら、幼稚園や保育園の
事も知りたいと思い調べてみました。

まずは、幼稚園の制度を調べてみました。

幼稚園っていうのは、文部科学省が管理しているんですよ。
これは皆さんもご存知ですよね。

幼稚園に入れる対象の年齢は満3才から小学校入る前までの子供を
預かってくれるのです。少し大きな子を見てくれるところなんですね。

保育の時間は、4時間というのが普通なんですが、延長ということも
あるんでしょうか。各幼稚園で決めているということでした。

国の補助もあるみたいです。幼稚園就園奨励費補助金というのがあって
家庭の収入によって子供の年齢に応じて国が支給してくれるという
制度です。少し難しいのですが、いい制度だと思います。

幼稚園の職員は、園長というのと、教諭というのがあるようです。
学校みたいに、1学級35人という原則があり、学級は同じ学年で編成が
原則だそうです。

結構いろいろな決まりがあるのですね。こうして、幼稚園が出来ているんですね。では、保育園と比べてみましょう。

保育園は、厚生労働省が管理しています。

対象となる年齢は、幼稚園とは違い、0才から就学する前の乳幼児が
対象となっているようです。ここは幼稚園と違いますよね。

もちろん預かってくれる時間もちがいました。
幼稚園は4時間に対して、保育園は8時間が原則で、あとは、保育園の
所長が決めるようです。長く見てくれる所がいいですよね。

国の補助も少し違いました。
保育園が運営していく費用を保育園に支給するという仕組みでした。

職員についても違がありました。
教諭ではなく保育士とよばれるようです。あとは、嘱託医と調理しとが
あるみたいです。

幼稚園のように学級とかではなくて、4才から5才の子供30人に対して
ひとり。また、3才の子供に対しては20人にひとり。1才から2才の子供に対しては6人にひとり。0才に対しては3人にひとりと、それぞれの人数に合わせて職員がいてるんですね。

こうして、幼稚園と保育園を比べてみると良くわかりますね。これで、
幼稚園と保育園が幼保一元化してもなんとなくでも分かってきますよね。

認定子供園についても分かってきました。


タグ:認定子供園
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。